田植え

農園の活動

田植え

六月、梅雨の合間をぬって、家族そろって田植えの体験です。
「田植えなんて、初めて〜!」の声が響く中で、泥んこの田んぼの中に、恐る恐る一歩を踏み入れます。
初めての経験だけれど・・・、初めは、おっかなびっくりだったけれど・・・(終って見ると、何だか不思議!)
泥んこの足の裏から、心地良〜い感触が湧いてくる。
(お父さん、お母さん、おじいちゃんの足の裏からも)何だか、懐かし〜い「泥んこ遊び」の記憶がよみがえって来る。
みんなで植えて、みんなで見守る大切な稲たちだから、稲刈りやお餅つきの日が・・・待ち遠しい!

(田植えの後は、稲の生長を観察したり、鳥たちが稲穂を食べてしまわないように、「案山子(かかし)」を作って守ります。秋には、楽しい稲刈りやお餅つき・・・へと、続きます。)

 

田植え

ジャガ芋掘り

田植えをする前の幼稚園の畑では、春先に子どもたちの手でジャガ芋の苗を植えています。そのジャガ芋が成長し、食べ頃を迎え、家族みんなでジャガ芋掘りを楽しみながら、収穫のよろこびを体験します。

 

トウモロコシ狩り(年長児)

近所の農家さんが、丹精込めて育てて下さったトウモロコシの収穫体験をさせて頂きました。とってもおいしいトウモロコシなので、みんな大喜びです!

戻る