トップイメージ

幼稚園の一日の流れ

早朝預かり保育

通常の保育前の時間、午前7時30分より8時半まで、「早朝預かり保育」として、お子さんをお預かりします。

登園

「おはよう」「おはようございます」国立富士見台幼稚園の朝は、子どもたちの元気な、朝のごあいさつの声で始まります。

着替え

登園したら遊び着に着替え、かばんなどをロッカーにしまって、出席カードにシールをはります。

自由遊び

着替えが済んだら、天気の良い日は園庭に出て、たくさんあそびます。たくさん遊んだあとは、一斉の活動にも集中して取り組めます。

朝の会

先生が出席をとったり、お当番さんは、事務所に行って、その日のお休みのお友だちの報告をする大切な「おしごと」もあります。

一斉の活動

その日の活動スケジュールにそって、学年単位・クラス単位の色々な活動が始まります。

昼食準備

お当番さんは、給食や牛乳を取りに行ったり、「いただきます」のごあいさつをしたり、とても忙しいけれど、お当番の「しごと」が、みんな大好きです。

昼食

昼食は、お弁当の子、給食の子、いろいろですが、みんなで楽しく頂きます。

午後の活動

食事の後は、少しゆったりとした時間を過ごします。お部屋の中でゲームや手遊びをしたり、外遊びをしたり、行事の前などには、練習が入ることもあります。

降園準備

着替えを済ませたら、お家への大切なお手紙を配ったり、持ち帰り物を確認したり、大切な時間です。時間にゆとりがある時は、先生の本読みや手遊びもあって、結構楽しみな時間でもあります。

降園

バスでお帰りの子、ご家族のお迎えの子、それぞれ降園の仕方は違います。「明日も元気で来るからね・・・!」先生やお友だちにごあいさつをして、お帰りです。

預かり保育終了

降園の時間にお迎えが出来ないご家庭のために、保育後、お子さんをお預かりしています。幼稚園の職員が、保育室を使っての時間ですので、子どもたちも安心してお迎えまでの時間を過ごしています。

(午前保育の日は、11時30分より午後6時30分まで)

預かり保育預かり保育預かり保育

「一日の流れ」は、幼稚園の動きを大まかに表現したものです。この時間通り、毎日がきちんきちんと動く訳ではありません。学年によっても、保育の内容によっても、毎日変化していきます。大まかな目安とお考えください。